忍者ブログ
AdminWriteComment
数あるニュースの中で、本当に皆さんが知る必要のある興味深い最新情報をお届けします。
No.
2017/12/16 (Sat) 08:22:51

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

No.73
2008/06/22 (Sun) 14:28:06

裁判員制度「お白州型」金さん型 見直し

裁判員制度が着々と見直されているようですね。

現在の日本では刑事裁判では、被告は裁判長の正面や
弁護士席の前に置かれたベンチに座るようです。

それはあたかも、容疑者ではなく、犯人のように目に映る
可能性があると判断されたようです。

保釈中の被告については、弁護士の隣に座ることを
裁判所が許可した例があるが、
拘置中の被告は警備上の理由から拘置所側が認めていませんでした。

このように今回の変更は、法務省は裁判員の偏見を排除する
目的があり、法廷での証拠調べが中心となる裁判員裁判では、
被告と弁護士の意思疎通が重要になることもようです。

裁判員制度に貢献すればいいですね。
 来年5月から始まる裁判員制度で、法務省は21日までに、法廷で裁判長の正面などに座らされている拘置中の被告について、
弁護士の隣に座ることを認める方針を決めた。制服姿の刑務官に挟まれたこれまでの座り位置では、被告が犯人だとの印象を裁判員に与えかねないとの判断。江戸時代の奉行所から続く「お白州」型の法廷が見直されることになる。(つづきは・・・
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080621-00000050-jij-soci




最新情報局
PR
[78]  [77]  [76]  [75]  [74]  [73]  [72]  [71]  [70]  [69]  [68
忍者ブログ [PR]