忍者ブログ
AdminWriteComment
数あるニュースの中で、本当に皆さんが知る必要のある興味深い最新情報をお届けします。
No.
2017/12/16 (Sat) 08:31:48

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

No.201
2008/07/30 (Wed) 07:09:51

耳寄りな新情報は、これですね。



大地はどこまでも我々を楽しませてくれる。
酷暑日が続く日本列島、そんな島国でも、見るだけで
涼を取れるものがあるようだ。

それは、長野県白馬村の北アルプスの中でも有名な白馬岳(しろうまだけ)
にある国内最大級の大雪渓だ。

映像を見るだけでもほっとする、ひんやりするのは私だけだろうか?

その最下部の残雪が風や雪解け水にえぐられて雄大な造形美を見せ、
登山客は嬉しそうだ。

雪渓とは、なんだろう?
調べてみると、それは冬の雪崩と季節風の吹きだまりによってできる。
まるで、外国のアルプスの氷河を思い出させる。

白馬岳では雪渓が、標高差約600メートル、全長2キロに及ぶそうだ。

山岳ガイドの倉科光男さんによると「雪渓の下には雪解け水が川となって
流れているので、決められた登山道を歩いてください。
大雪渓上部のお花畑が迎えてくれますよ」という。

/>どこまでも自然は我々人類の到来を予期していたかのように、
何万年も絶景を作り出し続けている。
 長野県白馬村の北アルプス・白馬岳(しろうまだけ)にある国内最大級の大雪渓では、最下部の残雪が風や雪解け水にえぐられて雄大な造形美を見せ、登山客を魅了している。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080729-00000022-maip-soci



PR
[206]  [205]  [204]  [203]  [202]  [201]  [200]  [199]  [198]  [197]  [196
忍者ブログ [PR]