忍者ブログ
AdminWriteComment
数あるニュースの中で、本当に皆さんが知る必要のある興味深い最新情報をお届けします。
No.
2017/09/23 (Sat) 21:56:12

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

No.212
2008/08/12 (Tue) 15:05:11

耳寄りな新情報は、これですね。



やっと、アメリカに勝ち、銀メダルですか?
やはり、中国には太刀打ちできない状況が続いています。
テレビで報道があっていましたが、
幼いころから何千人規模で、体操の訓練があっているそうです。
国旗を背負って、少年少女がしのぎを削っているのは、
少しむごいような気がします。
そこまでして、中国は金をがほしいのか?
そこに子供を送り出す、家族が金銭と名誉をほしがっているの
だから仕方ないですね。

体操日本はどうなっている?
日本は全6種目を計278.875点で終えて、中国との差が歴然、
最後のほうではは米国と2位争いを展開したが、アメリカが最後の
種目のあん馬でミスを連発し日本に牡丹餅が降ってきた。銀メダルだ。
最後は日本は得意の鉄棒で堅実に演技をまとめ、
アメリカから銀メダルを獲得した。

経過は、日本は1種目目の床運動で中国に0・050点のリードを

ていたが、なんと苦手とするあん馬で中国に逆転されてしまったのだ。
中国は得意とするつり輪で差を広げたつづけた。
日本は跳馬でミスが大きかったようだ。
その時点で、46・750点にとどまり、得点を引き挙げることができなかった。

その後も中国との差は広がり、中国は独走状態で金メダルを奪取。
体操日本はアメリカと2位を争う形となったが、
最後の種目で逆転、見事に銀メダルを獲得したのだ。
それはいいが、金メダルがほしかったところだ。
 北京五輪の体操男子団体決勝が12日行われ、日本は全6種目を計278.875点で終えた。ライバル中国との差が広がり、終盤は米国と2位争いを展開したが、米国が最後の種目のあん馬でミスを連発。日本は得意の鉄棒で堅実に演技をまとめ、米国を逆転して銀メダルを獲得した。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?
a=20080812-00000929-san-spo




PR
[217]  [216]  [215]  [214]  [213]  [212]  [211]  [210]  [209]  [208]  [207
忍者ブログ [PR]